人身事故で相手側の車が所有者に賠償責任がない盗難車だった場合の保険はどうなる?

交通事故で車に同乗していた双方のいずれかが怪我を負った場合、「物損事故」ではなく「人身事故」になります。

物損事故と人身事故には大きな違いがあり、人身事故の場合だと、人に怪我をさせたことによる「自動車運転過失致傷罪」が成立したり、「免許取り消し」や「免許停止」などの行政処分が下されたりするのが一般的です。

さらに、怪我を負ったことで通院または入院が必要になるため、治療費や慰謝料が発生します。

しかし、交通事故の相手側の車が盗難車だった場合、車の所有者に賠償責任なしと判断されたら、自賠責保険を適用することができません。

一言でわかりやすく説明するならば、所有者の賠償責任がない盗難車は無保険車になるため、怪我を治療した費用や慰謝料が、車に付帯している自賠責保険からは保障されないことになります。

事故によって怪我を負っただけでも精神的苦痛が大きいのに、相手が無保険の盗難車となると、さらに苦痛が増しますよね。

盗難車を運転していた人物がきちんと支払ってくれれば問題ありませんが、ほとんどのケースが残念ながら「支払い能力なし」に該当します。

実際に、運転者に支払い能力がなく、所有者に賠償責任なしと認定された盗難車と人身事故を起こした経験がありますが、その時の精神的苦痛は今でも忘れられないほど大きかったです。

ですが、相手側が盗難車であったとしても、国の保障事業にて治療費や慰謝料は自賠責同様に支払われます。

自賠責保険と同等の補償が受けられる「政府の保障事業」

政府の保障事業とは、自賠責保険によって救済されない人のために作られた国の制度です。

加害者側からの賠償が受けられない事態に陥った場合は、政府の保障事業に医療費や慰謝料を請求することができます。

請求できるのは被害者のみとなっているため、加害者から請求することはできません。

また、被害者が政府の保障事業を利用した場合、加害者に対して求償を行います。

この点に関しては、自賠責保険と政府の補償事業で大きく異なる点です。

政府の保障事業でカバーできる保障項目

政府の保障事業で救済される項目は、怪我を治療するための費用(治療費)と、通院や入院に応じて受け取れる「慰謝料」だけではありません。

他にも、仕事を休んだ際に発生する「休業損害」や、治療による改善が認められなかったときの「後遺障害」が該当します。

ただし、後遺障害に関しては、申請を行って認定された場合に限ります。
どんなに自覚症状が残っていたとしても、申請によって非該当になってしまうと、後遺障害による慰謝料は発生しません。

また、万が一死亡してしまった際には、葬儀費用や慰謝料が遺族へと支払われます。

政府の保障事業の支払い限度額

政府の保障事業と、自賠責保険の支払い限度額は同じです。

「治療費」「休業損害」「慰謝料」の3つの項目の合計が上限120万円となっているため、これを超えた金額に関しては対象外です。

また、この支払い限度額120万円のなかには、診断書等の文書代も含まれます。

限度額である120万円と別に支払われる項目が、後遺障害による慰謝料と死亡事故による費用です。

後遺障害は、障害の程度に応じた等級に伴う慰謝料から支払われるため、限度額は75〜4,000万円となっています。

そして、死亡事故による限度額は、3,000万円です。
葬儀費用は60〜100万円の範囲内にて必要かつ妥当な実費が支払われ、慰謝料は被害者本人分である350万円と、遺族(配偶者・子供・父母)の人数に対して、以下の金額で支払われます。

・遺族1名→ 550万円
・遺族2名→ 650万円
・遺族3名以上→ 750万円

死亡した被害者に被扶養者がいれば、さらに200万円加算されます。

盗難車との人身事故が発生したら損害保険会社に連絡しよう

自賠責保険が使えない盗難車との人身事故が発生し、どんな手順で手続きすれば良いのかわからなくなったら、まずはお近くの損害保険会社に連絡してください。

以下の損害保険会社の窓口に相談すれば、政府の保障事業に必要な書類を全て手配してもらえます。

・あいおいニッセイ同和損保(株)
・共栄火災海上保険(株)
・セコム損害保険(株)
・セゾン自動車火災保険(株)
・損害保険ジャパン日本興亜(株)
・大同火災海上保険(株)
・Chubb損害保険(株)
・東京海上日動火災(株)
・AIG損害保険(株)

保険代理店は、必要書類の送付や相談を受け付けていないのでご注意くださいね。

ちなみに、私が盗難車との人身事故に遭遇した時は、東京海上日動火災保険(株)に連絡しました。
とても親身に相談に乗ってくれ、書類の送付も迅速だったのが印象的です。

盗難車との人身事故でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。